川井 由夏 | Yuka Kawai

川井 由夏

Yuka Kawai

教授

略歴

風土に根ざすテキスタイルには、経験の集積として歴史と英知が凝縮されている。染織文化に内在する思考と技術を探求し、織の構築的・触覚的な特質にもとづく作品制作を行う。また繊維素材の地域性を生かす現代テキスタイルの研究を行う。「第8回国際タペストリートリエンナーレ」(ウッジ中央染織美術館)「現代の布—染と織の造形思考」(東京国立近代美術館工芸館)「いととぬの」(群馬県立近代美術館)など国内外で発表を行う。

主な受賞歴

1992年 メルセデスベンツ日本スカラシップ

担当科目

1年次ベーシックテキスタイルⅠ 2年次ベーシックテキスタイルⅡ 2年次テキスタイルⅠ3年次テキスタイルⅡ 4年次テキスタイルⅢ 大学院デザイン研究Ⅰ・Ⅱ 大学院研究指導Ⅰ・Ⅱ 大学院テキスタイルデザイン特論

作品